【アークテリクス】の新作ニット帽「ヘイドロントーク」は100%ウールで最高にソフトで柔らかい。

ファッション

今年もあと僅かで終わりですね。朝晩めっきり寒いはずです。

私が住んでいる地域での積雪はまだですが、あと1ヶ月もすれば全国的に見ても雪が降り出すことでしょう。

寒さが本番を迎える前にアークテリクス今季新作の「トーク」を購入したのでご紹介します。

私の読み通り、ブランドストアでの販売は既に全色SOLD OUTの人気商品です。

私も購入に際しては他店舗からの配送でなんとかゲット出来たほどです。

その理由についても私見を混じえながら解説していきます。

 

ヘイドロントークの魅力について

最高の柔らかさと暖かさに包まれる、メリノウールのトーク。レスポンシブル・ウール・スタンダード(RWS)認定を受けた100%メリノウールを使用したヘイドロンは、天然素材の心地よさとクリーンなクラシック スタイルが特徴。街へのお出かけにぴったりです。(アークテリクスHPより)

アークテリクスHPより

人気の秘密は主に2つあります。

デザイン

これまでアークのトークやビーニーには「ブランドロゴ」や「骨」がデカデカとコレ見よがしに在りました。

「目立ちたがり屋さん」には良くても、シックなファッションを好む日本人には山でしか使えず、街着には不向きでした。

アークの販路拡大?最近の傾向として街着をメインに商品開発が進められている様子で、他のファッションブランドとのコラボも盛んに行われています。

下に掲載した「30万円以上もするスキーウェアなんて誰が買うねん!」なんて思っていたら既にSOLD OUTしてた!!(う〜ん恐るべし)

脱線しましたが、「ヘイドロントーク」は普段使い出来るデザインになっているおかげで、一般的なファッションとして受け入れられたと思います。

普段、山をやらない人までが購入してるので、発売早々にSOLD OUTしたのだと推測します。

マテリアル

それと魅力はデザインだけではありません。

素材にメリノウール100%が使われており、冬山の肌着として最も理想な素材が使われています。

その分、他のトーク(メリノウールとアクリル混紡)より、少し割高ですが、メリノ100%は汗で濡れたり雪で濡れても冷たく感じづらい素材なので、山はもちろん街でも大活躍間違いなしです。

 

カラーについて

アークテリクスHPより

3色展開の内、ご覧の通り私はグレー(Moonshadow)を選びました。

「Moonshadow」だなんて、アークはいちいちカッコいいわね!

【アーク=ブラック】の方程式が成り立っているかの様に思われがちですが、真からアークを愛する人はあえて【ブラック】を選んでいない様に思います。

アークはカラーにもこだわりが高く、それはネーミングにも現れています。

はっきりと「何色」と表現できないペールトーン使いが絶妙で、いつも色選びで悩まされてしまいます。

 

あとがき

さて、今回はいかがでしたでしょうか?

SOLD OUTしている商品紹介しても意味ないって?!

アークの魅力を知ってもらい出来れば購入頂きたいのですが、何ともしようがありません。

正規ブランドストア以外でもアークを取り扱いしている店舗はいくらでもありますので探してみてください。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました