アームカバーは日焼け対策(UPF50+)プラス冷感素材が超おすすめ。

アクティブアイススリーブ 山の服

今回は、OUTDOOR RESEARCH アウトドアリサーチのアームカバー「アクティブアイス サンスリーブ」をレビューします。

アームカバーなんだから日焼けしないのは当たり前!

本品のセールスポイントは、アウトドアリサーチが開発した水分を吸収するとキシリトールの結晶が熱を吸収し、接触面を冷やす「アクティブアイステクノロジー」を採用しているところです。

果たして、その効果の程は?実際に山でテストしてきたので、その様子をお伝えします。

OUTDOOR RESEARCH アウトドアリサーチ アクティブアイス サンスリーブ

 

本格的に日焼け対策しようと思ったきっかけ

今年も「夏」がやってきます。昨年以上に暑い夏が・・・。

すでに女性のマストアイテムになっているアームカバーですが、男性の着用率が低いと思いませんか?

(私も含め)日焼けに対し女性ほど気にしないからだと思いますが、「ある出来事」が私の意識を変えました。

それは忘れもしない去年の夏、北アルプスでのこと・・・

雲一つない晴天に恵まれ、意気揚々と標高3,000m付近の稜線を堪能していた私ですが、ふと気づくと両腕が日焼けで真っ赤に仕上がっていました。

その日は半袖で両腕を覆い隠す様な物も持ち合わせておらず、周りには木陰や、岩場の影すらありません。

一方の腕で、一方の腕を代わる代わる覆い隠すという意味不明な行動で凌いでおりました。

「ヒリヒリ・・・ジンジン・・・」

(例えるなら)小学生の時、虫眼鏡で焦点を作って新聞紙を燃やした時の様に、まるで肌から煙が出そうなぐらい鋭い痛み・・・

「もうあんな思いはしたくない!!」

これが、日焼け対策を強く心に決めたきっかけです。

 

商品紹介

メーカ:OUTDOOR RESEARCH アウトドアリサーチ
商品名:アクティブアイスサンスリーブ(男女兼用)
素 材:ActiveIceストレッチニット
生地組成:ポリエステル91%、スパンデックス9%
サイズ:S/M、L/XL
重 量:36g(L/XLサイズ)
カラー:アロイ・ペインテッドヒルズ・ワイルドランド・レモングラス・シーグラス・コヨーテ・ファティーグ・チャコールヘザー(※昨年モデルも含む)
価 格:3,960円(税込み)

OUTDOOR RESEARCH アクティブアイスサンスリーブはアウトドアリサーチが独自に開発したキシリトールの結晶を利用して、 生地に触れた部分を冷却する接触冷感素材であるアクティブアイスを使用したサンスリーブです。 UPF50+サンカットを使用しており、強い日差しの中でのランニングや、トレイルランニング、登山など様々なアクティビティに重宝します。 親指を通せるサムホールで手首まで覆う作りは紫外線による日焼けを防止するのに役立つアイテムです。 軽量で、高い通気性と速乾性に加え耐久性のあるストレッチ素材を使用。 反射式のロゴとずり落ち防止のシリコングリッパー付き

OUTDOOR RESEARCH
OUTDOOR RESEARCH アウトドアリサーチ アクティブアイス サンスリーブ

 

主な特徴と機能

①サムループ&フィンガーループ&パームプリント

親指が通せる「サムループ」と中指に通す「フィンガーループ」により、手の甲までしっかり覆い隠せて、且つ操作性は損なっていません。

手のひらには、シリコンで形成された「アンチストップパームプリント」が付いており、スマホの落下防止などに役立ちます。

 

②腕周りのシリコングリッパー

ずれ落ち防止のシリコングリッパーは、ほんと役立ちます。

休憩の都度、肘まで落ちてきたアームカバーを捲り上げている光景を見かけたりしますが、そういった煩わしさが本品にはありません。

これの利点は、多少のオーバーサイズでもシリコンが腕に留まってくれるので、ズリ落ちません。

また、伸縮性に優れますので「ピチピチ感」を敬遠する人にとってもうれしい機能です。

 

③アクティブアイスとは?

アウトドアリサーチの独自開発かはさて置き、広く知られた技術です。夏場の寝具やマスクにも利用されています。

汗などの水分とキリトールが接合すると、周りの熱を吸収する「溶解吸熱効果気化熱」の作用により、体温が下がり涼しく感じる事が出来るのです。

 

カラー・柄が豊富

昨年モデルまで含めると、(私が確認した限り)8種類もありました。

男女問わず、お好みの一つが必ず見付かると思います。

 

実際に山で使った感想

至って普通のアームカバーですが、汗の吸収と発散に優れた素材なので、内側が汗で蒸れる事なく「サラッ」としています。真夏でもずっと付けていられる快適さを保っています。

肝心のキシリトールによるアクティブアイスの効果についてですが、実際に長時間着けてみて「冷たさ」を直に感じる事はありませんが、炎天下で「暑く」感じた事もありませんでした。

特に何も意識する事無く、ずっと着けていられました。

これって、「アクティブアイスによる効果」と思って良いですよね!

伸縮性にも優れるので肘の曲げ伸ばしもノンストレスです。

それと以前紹介した、「アークテリクスのレミージフーディ」と違って、曇りや樹林帯では取り外す事が出来ます。そういった使い分けも本品なら可能です。

但し、紛失には十分ご注意下さい!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

夏山の日差し(紫外線量)は下界とは全然違います。私の様に後悔する前に紫外線対策を万全にして頂き、快適な登山を満喫して下さい。

OUTDOOR RESEARCH アウトドアリサーチ アクティブアイス サンスリーブ

 

 

ちなみに、

虫よけ機能が追加されたアームカバーもあります。虫嫌いの人にとっては迷わずこちらを選ばれる事をオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました